photo

1 2 3 12

霧ケ峰高原へ

久しぶりの投稿です。

今シーズンの雪渓撮影ドライブの目的地は小千谷・飯山線と考えていたのですが、今年は断続的に雪が降って豪雪のようで天気予報を見てチャンスをうかがっていたが、晴れ間の出る予報が出てこないので断念し、長野中部だけ晴れ間の出る予報が出たので、昨日友人の I 氏と霧ケ峰高原へ急遽決定し行ってきた。
ポーズを取る I 氏。
-16℃の中1時間待つも太陽出ず、グラデーションの中に浮かぶ富士山撮れず‼
防寒対策しているのだが、手足の指先が痛くなってきたのでここでの撮影終了し撮影地変更のため移動すると、大勢の人が路肩にカメラを据えているので止まってみると、初めて見るダイヤモンドダストが輝いているではないか
ラッキー 続きを読む

パソコン勉強会

昨夜、写真クラブの有志7名でパソコン勉強会を。

PCにデータ取り込みと、写真の現像レタッチについてだったが、各自PCの習熟・扱い方が千差万別であり、中でも皆さんデータの保存に困っていた。

また、カメラもNikon・Cannon・FUJI・PENTAXのカメラアプリのデータ取り込みは、ホルダー仕分けをせず日付順に取り込むらしく、過去のデータを探すのに苦労するようであった。

初回ということで、データの仕分け保存先作成などなどの説明をセミプロのIさんが講師となりオイラはサポート役をさせてもらいましたが、メンバー和気あいあいと和やかに行われました。

次回も開催することになりましたが、昨夜の勉強会のおさらいが各自帰宅してできたかが心配です。
次回開催が楽しみです。

六本木に

12日の水曜にいつもの写友と六本木界隈に夕・夜景を撮りに行ってきた。

下のチケット2枚がないと六本木ヒルズの52Fと屋上には行けないのである。因みに52Fまで1,800円、更に屋上(Sky Deck)には500円です。
屋上へは、三脚・バッグなど持込禁止です。
何故かって、屋上は吹きっさらしで持ち物が飛ばされないようにとのことで、持って行けるものはカメラと携帯位でして撮影にはちと向きませんでした。
当日はちょっと風が強いのと暗いのでブレブレ写真しか無く、六本木ヒルズ見学と高層からの東京夜景ビューを自分の脳裏に焼き付けたぐらいでした。
真冬の気温でブルブルだった。
六本木交差点の高速道路が化粧され綺麗になってた。
本当に、写真は全滅で数十年ぶりの六本木の夜でした。

酉の市へ

写友4名と2年ぶりに、三の酉の鳳神社へ熊手御守購入の様子を撮影に行ってきた。

雷門駐車場から地上に出ると人人人で、浅草寺から花やしきを通り千束から鳳神社まで散策しながらだが、露天商が2年前より多くみんな飲食して凄かった。
いやぁ~流石に浅草です。
鳳神社前に行くとDJポリスのお出迎えです。
参拝客も凄ぇ~‼
店主の頭が亥で売れ売れだ‼
最後に10間橋で逆さツリーを撮り帰路へ。

晴れ予報の大洗海岸へ

土曜夜の天気予報を見ると日曜は晴れだったので、大洗海岸の「日の出」を撮りたく3時に出発し行ってきました。

約2時間で到着し海岸に降りていくと同じ目的の人が沢山いましたが、天気予報のようにいかず、太平洋上に駄目なものが薄っすらと出没していたのであります。

多分、深夜遠くから来たのに何で太陽が出ないんだと、皆さん肩を落とし蜘蛛の子を散らすように去っていきました。オイラも😞でした。
まだ朝の6時30分です。折角ここまで来たのだからと帰宅せず、ドライブがてら奥久慈を目指して行ってみることに。 続きを読む

志賀高原から米子大瀑布へ

今年は10月16日に5名参加となったので2台で行く予定であったが、車を出す I さんが風邪により行けないとのことで中止となったのです。が、22日の月曜は天気が良いので N さんを誘い、21日の夜から仕事を休み二人でこっそり行ってきました。

例年通りのコースで、国道最高地点の夜明け撮影から志賀高原・雑魚川渓谷・松川渓谷への撮影行程で下山し、髙山村のリンゴ共選所に立ち寄り目的のシナノスイートを購入し、昼食に須坂の信州蕎麦をとここまでは例年のコースだった。
が、今まで行ったことの無かった米子大瀑布を観たく N さんを説得し追加行程で行ってきたのであります。この事により帰宅は深夜となってしまった。
米子大瀑布、カメラ機材背負って山歩きが全行程2時間30分かかり、もう大変でへばってしまったが、苦労して登っただけあって錦秋の滝景は最高だった。

因みに、往復750kmを一人で運転し事故なく帰ってこれたのは、アウトバックのアイサイト運転支援システムおかげですネ
木戸池も良かった。
10㎏背負っての登りは大変
登らなきゃ見れない絶景

千葉県内の紅葉が塩害で

我が家の購読新聞は千葉日報なんですが、今朝の1面記事に台風24号による塩害の影響について書いてあった。

細かく知りたい方は、コンビニ行って購読していただきたのですが、養老方面の紅葉に暗雲が漂っているとのことでした。
また、小湊鉄道の沿線風景を撮る方のコメントによると、秋色と列車を写すには「今年は厳しそう」と書いてあった。
千葉県の記事なら「千葉日報」です。引用したのでPR。

房総は秋の気配

やっと休みが取れ、最近マイカーOUTBACKに乗っていなかったのである所にと行き先を決めてあったのだが、前日に「永田獅子旭連」の練習があり早起きでず中止。
そして、次は競馬場にと思いドラぷらの高速渋滞情報を見ると、利用しようとする道路が赤帯状態で駄目。
そうだ、房総方面へドライブだと急遽カメラを積んで出発、連休のせいか他県ナンバーの車が多いが楽しいドライブが出来た。
小湊鉄道沿いを走ったところ、田園地帯は稲刈りも終わりコスモス・曼殊沙華が咲き秋の気配だった。

Capture NX-D

Nikonを使ってRAWから写真を作る人なら「Capture NX-D」を知らない人はいないと思いますが、9月13日公開のVer1.50になり「Capture NX2」から乗り換えで不満があった部分のコントロールポイント機能が使える様になり、現像が思うように出来るようになりました。また、ピクチャーコントロールも選択肢が増えその他機能も増え、他社のソフトウェアに引けを取らなくなったようです。

Nikon使いには、嬉しいバージョンアップとなりました。

神楽坂まつりへ

今年も26日に、写友と神楽坂まつりに行ってきました。

神楽坂のほうずき市は、浅草寺と比べると規模は小さいですが、神楽坂下から早稲田通りの「鎮護山 善國寺」付近が主会場で屋台が沢山出店していて盛り上がっていて人が凄い・凄い!

今回は殆んどノーファインダーで撮ったので、写真の方は全然ダメでした。( ;∀;)
神楽坂下の交差点からの眺め。
こんな感じで、ほうずきを売ってます。
初老のカメラマンが、路地裏を散策中。オイラもですが!
日暮れとともに活気が。
大久保通りを超えていくと、情景が変わりました。

1 2 3 12