小鼓

タイトルの通り待ちに待ったmy小鼓が、注文してから3年越しで出上がり太鼓屋さんが納品に来た。

納期がこんなにかかったのは、馬の革を鞣しては鞣してはで思った仕上がりが出来ず、やっと小鼓ができる馬の革が入手でき今日に至ったとのことで、大変お待たせしましたとのことであった。

小鼓は、湿度60%位になると素晴らしい音が出るのだが、我家の湿度計を見ると40%位で音が出にくい環境だったが、打ってみると湿度が低くても新品の音だが良くでました。

太鼓屋さん曰く、小鼓は難しい楽器で打ち方が悪く音を出せない人は、どんな名器を打っても出ないとのことでした。

全国で小鼓を作る太鼓職人も現在は数名になっていて、そのうちのひとりに数えられるそうです。

また、大手太鼓屋さんの商品よりも、お値打ち品だと思いますので、小鼓、太鼓がほしくなったら香取市の「松本太鼓店」へ、ぜひどうぞ!!!

革が馴染んでくると名器に!

小鼓 への1件のフィードバック

  • めぇ~じまです。
    my小鼓を手にしている顔が浮かびます。
    響きわたる音で、笛や大皮を引っ張ってください。
    小生も練習時間を増やします。25日、触らせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です