餅つきです

今日は、朝5時起きで正月用の「のし餅」を、マンゲツモチと言う品種のもち米を使って作った。マンゲツモチは、天皇陛下が、皇居内にある水田にお田植祭で作付されるもち米の高級品種で、粘りがあって美味しいのだ。

昔から9の付く日に搗く餅は、「苦餅」と言われ縁起が悪いとされていて、また、31日の「一夜餅」も縁起が悪いとのことで、正月用の餅は28日か30日に作ることとなるのである。
蒸し上がり蒸し時間は、1升約30分
ほぼ出来上がり搗く時間は、約12分
のし餅にするには上記の餅をビニール袋に入れ、まな板の大きい物で体重を乗せて伸ばせば2~3分位で出来上がり終了です。
のし餅これで「のし餅」の出来上がりです。
これでお正月に、お雑煮が食べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント