悠々な日々

晴れ予報の大洗海岸へ

土曜夜の天気予報を見ると日曜は晴れだったので、大洗海岸の「日の出」を撮りたく3時に出発し行ってきました。

約2時間で到着し海岸に降りていくと同じ目的の人が沢山いましたが、天気予報のようにいかず、太平洋上に駄目なものが薄っすらと出没していたのであります。

多分、深夜遠くから来たのに何で太陽が出ないんだと、皆さん肩を落とし蜘蛛の子を散らすように去っていきました。オイラも😞でした。
まだ朝の6時30分です。折角ここまで来たのだからと帰宅せず、ドライブがてら奥久慈を目指して行ってみることに。 続きを読む

志賀高原から米子大瀑布へ

今年は10月16日に5名参加となったので2台で行く予定であったが、車を出す I さんが風邪により行けないとのことで中止となったのです。が、22日の月曜は天気が良いので N さんを誘い、21日の夜から仕事を休み二人でこっそり行ってきました。

例年通りのコースで、国道最高地点の夜明け撮影から志賀高原・雑魚川渓谷・松川渓谷への撮影行程で下山し、髙山村のリンゴ共選所に立ち寄り目的のシナノスイートを購入し、昼食に須坂の信州蕎麦をとここまでは例年のコースだった。
が、今まで行ったことの無かった米子大瀑布を観たく N さんを説得し追加行程で行ってきたのであります。この事により帰宅は深夜となってしまった。
米子大瀑布、カメラ機材背負って山歩きが全行程2時間30分かかり、もう大変でへばってしまったが、苦労して登っただけあって錦秋の滝景は最高だった。

因みに、往復750kmを一人で運転し事故なく帰ってこれたのは、アウトバックのアイサイト運転支援システムおかげですネ
木戸池も良かった。
10㎏背負っての登りは大変
登らなきゃ見れない絶景

永田獅子旭連の30年秋季祭典

10月21日に秋季祭典が開催され、例年通り矢口神社にて「永田獅子旭連」は御神前で奉納の舞をし、地元公民館で皆さんに悪魔払いの舞をし地区の皆さんと一献交えました。
秋季祭典おめでとうございます。
矢口神社に向かう連中。
連中、鳥居をくぐり神社へ。
獅子頭もお祓いを受けます。

千葉県内の紅葉が塩害で

我が家の購読新聞は千葉日報なんですが、今朝の1面記事に台風24号による塩害の影響について書いてあった。

細かく知りたい方は、コンビニ行って購読していただきたのですが、養老方面の紅葉に暗雲が漂っているとのことでした。
また、小湊鉄道の沿線風景を撮る方のコメントによると、秋色と列車を写すには「今年は厳しそう」と書いてあった。
千葉県の記事なら「千葉日報」です。引用したのでPR。

房総は秋の気配

やっと休みが取れ、最近マイカーOUTBACKに乗っていなかったのである所にと行き先を決めてあったのだが、前日に「永田獅子旭連」の練習があり早起きでず中止。
そして、次は競馬場にと思いドラぷらの高速渋滞情報を見ると、利用しようとする道路が赤帯状態で駄目。
そうだ、房総方面へドライブだと急遽カメラを積んで出発、連休のせいか他県ナンバーの車が多いが楽しいドライブが出来た。
小湊鉄道沿いを走ったところ、田園地帯は稲刈りも終わりコスモス・曼殊沙華が咲き秋の気配だった。

Capture NX-D

Nikonを使ってRAWから写真を作る人なら「Capture NX-D」を知らない人はいないと思いますが、9月13日公開のVer1.50になり「Capture NX2」から乗り換えで不満があった部分のコントロールポイント機能が使える様になり、現像が思うように出来るようになりました。また、ピクチャーコントロールも選択肢が増えその他機能も増え、他社のソフトウェアに引けを取らなくなったようです。

Nikon使いには、嬉しいバージョンアップとなりました。

1ヶ月ぶりの投稿

ブログ投稿の更新が、先月から1ヶ月以上経ってしまった。

理由はいろいろありますが、元気でやっています。

8月の中旬から、台風・地震の天変地異で被害続出で日本が壊れてきている。たまたま関東地方は難を逃れているが、いつ天変地異が起こるかわからないので用心するに越したことはない。

また、趣味の写真は全然撮りに行っていないが、写真機材はNikon・キャノン・フジとミラーレス一眼の発表・発売でにぎやかだけど、現在D850を使っているので、マウントの変わるミラーレスを導入なんて考えは全然起きないですね!

と言うことで、久しぶりの更新です。

永田獅子旭連『ちば文化資産』に

4月6日にこのブログに投稿しましたが、永田獅子旭連が「次世代に残したいと思う『ちば文化資産』」に選定されました。

また、大変光栄なことであり、これから更なる努力をし、後世に継承していかなければ!

詳しくは、千葉県のHPで見ていただくと各地域の選定された『ちば文化資産』が分かりますので見てください。

五百川 試食

五百川の稲刈りについて前回投稿しましたが、農家に試食用を頂き今朝食べたところ美味しかったです。

食べた感じは、モチモチ感と甘味がありコシヒカリと変わらないが、冷めてからはチョット硬めになるようだったけれど、レンジで温めなおすと炊き立てと変わらなかった。

スパー等で盆前に五百川が発売されると思うので、購入試食してみると美味さが分かると思いますのでお奨めします。


検査用の玄米も見せてくれたが、これを見てどうと言われても・・・・・。

五百川の刈取り始まる

知り合いの農家が、今日「五百川」という品種の稲刈りを始めた。

「五百川」はコシヒカリの変異種で田植えから100日で収穫ができるとのことで、この品種を作付けしたとのことでした。
玄米になったら試食用に少しもらって食べてみたいと思います。

7月に稲刈りが見られるとは!!

1 2 3 28