悠々な日々

神楽坂まつりへ

今年も26日に、写友と神楽坂まつりに行ってきました。

神楽坂のほうずき市は、浅草寺と比べると規模は小さいですが、神楽坂下から早稲田通りの「鎮護山 善國寺」付近が主会場で屋台が沢山出店していて盛り上がっていて人が凄い・凄い!

今回は殆んどノーファインダーで撮ったので、写真の方は全然ダメでした。( ;∀;)
神楽坂下の交差点からの眺め。
こんな感じで、ほうずきを売ってます。
初老のカメラマンが、路地裏を散策中。オイラもですが!
日暮れとともに活気が。
大久保通りを超えていくと、情景が変わりました。

ハチに刺され点滴

今日、ハチの種類は足長・スズメバチではなく中間くらいの大きさに刺され参りました。

前回ハチに刺された時から、ハチアレルギーの症状が出ていて今度刺されれば救急車かなと思っていた。
今日の午後3時頃刺されたのですが、刺された症状が体全体に発疹が出たり、痺れが出たりの異常だったので死ぬかなと脳裏をかすめる・・・・・。

こんな時に限って、かかりつけ医が木曜休診じゃないですか。

そこでちょっと考えを張り巡らすと、大網病院にかかったことがあり木曜はやっているはずだと電話をしてみると、自分で行けるならすぐ診てるてくれるとのことで行くと、これは点滴治療をしなければとなり、初めて点滴治療しました。
30分位で終わったのですが、半分位終わったら発疹が消え、看護師さんが早く発疹がひいてきて良かったと言ってくれた。

今は、刺された手の親指の所が腫れている状態です。
明日には良くなるでしょう。

浅草寺 四万六千日・ほおずき市 へ

昨日、写友二人と一緒に浅草寺四万六千日・ほおずき市(しまんろくせんにち)を撮りに行ってきた。
写真撮りは、段々下手になってきたような気がしてきた・・・・・。

売り子さんです。
外国の僧侶さんもほうずきを購入。
昭和レトロなお店で夕食。
芸能人のサインが沢山。看板に偽りなく旨かった。
今月下旬に、神楽坂まつり(ほうずき市)があるので、今年もまた同じメンバーで行くことになっているので、そこで再チャレンジだ!

第16回郷土芸能発表会

昨日、大網白里市保健文化センターに於いて、第16回大網白里市「郷土芸能発表会」が開催され、永田獅子旭連も「引き出し」の演目を発表してきました。
オイラは、囃子方で出演したので旭連の写真は撮れませんでしたので悪しからず。

また、6月6日投稿の合成革の小鼓でお囃子に参加しましたが、旭連でビデオ撮りした音を聞いた連中に、バッチリ音が出ていたと言われホッとしました。
合成革の小鼓は、ステージでも屋外でも湿度を気にせず音を出すことが出来るオールラウンダーです。
本革を使うには、非常に湿度にデリケートで気難しい楽器で困ります。
湿度が丁度良い時は、素晴らしい音が出るので聞いてもらいたいのですがね!
会場入り口、のぼり旗で皆さんをお出迎え。
旭連の代表が保存会の役員として開会宣言を。
今年は、ケーブルTV等カメラが2台入りました。
最後に、皆で「大網白里音頭」を踊りお開きです。

東京外環道京葉JCT

仕事で今日行く予定にしていたのだけれど、天気予報を見ると雨じゃないですか。
雨では困るので昨日に急遽変更し、昼頃からだったので高速を使わなければならず、初めて東京外環京葉JCTから三郷方面を利用してみた。
京葉JCTは空いていたせいか分かりやすく、葛西JCTからの首都高経由より川口JCT付近だと距離は15㎞位短縮でき、時間も15分位短縮できる。そして料金も540円位安くなるしで、東北道使うのならかなりのメリットがありますね。
関越方面はどうなんだろう?
京葉JCTは分かりやすい。
昼間のせいか空いていた。
渋滞・混雑無し。

小鼓 (合成革) 到着

3月の「第7回ちば伝統文化の森まつり」で、小鼓の革が照明等で乾燥し音が出なかったことを書きましたが、それ以降、乾燥している場所でも音の出る合成革のことを調べていたところ製作販売している所を捜し当てました。
電話をしてみると、価格が安く耐久性は20年位の実績を持つとのことで1組注文しておいたのですが、本日到着しました。
調べ緒を自分で組んだことがなかっけれど、本革のmy小鼓を見ながらやったところ20分位で完成しました。
特許取ったが、更新が面倒でその後してないとのこと。
組あげ後、旭連の白革と一緒に。
この合成革は、小鼓のプロも使っているそうです。
組みあがり、早速打ってみると本革とそん色なく音が出るのでした。これだったら初めての人でも音が出せます。
旭連中にお披露目できる、今月の練習日が待ち遠しいです。

近況です

家庭菜園のブログ投稿から更新が遠のき、5月が終わってしまうではないですか!
近況報告です。

5月18日に、久々にカメラを持って写友4人と日光東照宮春季例大祭の「百物揃千人行列」を見に行ってきました。


都内は東洋系観光客が目立つが、日光では、欧米人・小学生(旅行)の観光が多く見受けられ、東照宮では落ち着きのある雰囲気が保たれていた。

黄金の獅子も行列参加!
以上、楽しいひと時を過ごしていたのであります。

来月は、投稿が多くなるよう気合入れないと・・・・・!

家庭菜園

オイラとは無縁のゴールデンウイークですが、例年通りに家庭菜園を・・・・・。
年々なぜか栽培品種が減ってきていますが、定番のトマト・ナス・ピーマン・シシトウの定植をしました。
トマトは、早くも着果。
レタスはもう直ぐ収穫ですが、無農薬なので穴が。
日照りと風で乾燥気味。

ドローンを使う時代が来た農業

先日、知り合いの農家が農薬・肥料散布にドローンの操縦免許を取り、機体が届いたのでデモフライトするよとのことで見てきた。

機体・送信機は中国製です。
プロペラを展開させると大きくなりました。送信機はモニター(スマホと同じ)が付いておりデータ通信でGoogleマップを利用しGPSで位置を確認しながら散布作業をするとのことであった。データ通信をするに当たり、ガラケーでは通信ができないので、スマホ携帯は必須だそうです。
離着陸は自分で操縦するが、散布作業は自動操縦とのことでした。自動操縦には自宅のPCで散布地をGoogleマップに地図落としの作業をし、送信機に散布地データを入力と言っていた。
デモフライトは、半自動で操縦していたがスティック操作間違うと墜落だそうで、指先に神経を集中だとのことでした。また、飛ぶにあたり電動だしプロペラの音も静かで騒音公害は全くなかった。
因みに価格は、機体・送信機・PC・電池・充電器その他もろもろで300から400万の間だそうでした。

桜めぐり

首都圏の桜は開花が早く撮るチャンスが無かったので、行ったことの無かった福島県内の1本桜をと、仕事を休み4月10日写友二人と一緒に「myアウトバック」で行ってきたのだけれど、ちょっと忙しく投稿が遅れました。

日帰りでは、番付表のすべて撮影は無理ですね。
東の横綱「三春の滝桜」は、花見観光客が凄いらしくパスし西の横綱「郡山市の紅枝垂地蔵桜」からいろいろ10数か所回ったかな?
帰ってきて写真を見たのだけれど、撮影地の順番が曖昧になりどこで撮ったものかわからなくなってしまった。
写真はうまく撮れなかったのでここには載せませんが、桜撮影は難しいの一言に尽きます。また来年リベンジかな!

番付表に市町村が出ているのでわかると思いますが、いろいろめぐり回った結果、走行距離が往復680kになりましたが燃費良く交通費(高速代・燃料)の割り勘が5,500円と安くすみました。