月別アーカイブ: 6月 2018

第16回郷土芸能発表会

昨日、大網白里市保健文化センターに於いて、第16回大網白里市「郷土芸能発表会」が開催され、永田獅子旭連も「引き出し」の演目を発表してきました。
オイラは、囃子方で出演したので旭連の写真は撮れませんでしたので悪しからず。

また、6月6日投稿の合成革の小鼓でお囃子に参加しましたが、旭連でビデオ撮りした音を聞いた連中に、バッチリ音が出ていたと言われホッとしました。
合成革の小鼓は、ステージでも屋外でも湿度を気にせず音を出すことが出来るオールラウンダーです。
本革を使うには、非常に湿度にデリケートで気難しい楽器で困ります。
湿度が丁度良い時は、素晴らしい音が出るので聞いてもらいたいのですがね!
会場入り口、のぼり旗で皆さんをお出迎え。
旭連の代表が保存会の役員として開会宣言を。
今年は、ケーブルTV等カメラが2台入りました。
最後に、皆で「大網白里音頭」を踊りお開きです。

東京外環道京葉JCT

仕事で今日行く予定にしていたのだけれど、天気予報を見ると雨じゃないですか。
雨では困るので昨日に急遽変更し、昼頃からだったので高速を使わなければならず、初めて東京外環京葉JCTから三郷方面を利用してみた。
京葉JCTは空いていたせいか分かりやすく、葛西JCTからの首都高経由より川口JCT付近だと距離は15㎞位短縮でき、時間も15分位短縮できる。そして料金も540円位安くなるしで、東北道使うのならかなりのメリットがありますね。
関越方面はどうなんだろう?
京葉JCTは分かりやすい。
昼間のせいか空いていた。
渋滞・混雑無し。

小鼓 (合成革) 到着

3月の「第7回ちば伝統文化の森まつり」で、小鼓の革が照明等で乾燥し音が出なかったことを書きましたが、それ以降、乾燥している場所でも音の出る合成革のことを調べていたところ製作販売している所を捜し当てました。
電話をしてみると、価格が安く耐久性は20年位の実績を持つとのことで1組注文しておいたのですが、本日到着しました。
調べ緒を自分で組んだことがなかっけれど、本革のmy小鼓を見ながらやったところ20分位で完成しました。
特許取ったが、更新が面倒でその後してないとのこと。
組あげ後、旭連の白革と一緒に。
この合成革は、小鼓のプロも使っているそうです。
組みあがり、早速打ってみると本革とそん色なく音が出るのでした。これだったら初めての人でも音が出せます。
旭連中にお披露目できる、今月の練習日が待ち遠しいです。