photo

D610の試撮り

今日はあいにくの天気なんだけど試撮りをしたく、房総方面に紅葉の下見を兼ねて
行ってきた。
ぱらぱらと雨が降るので、ISO auto 感度上限3200にし、すべて手持ち撮影。

筒森養老付近はまだですね。
七里川温泉付近渋柿の実が沢山付いている。
四方木峠付近は色づいていた。
四方木付近1四方木付近2
四方木付近3四方木付近4
最後の写真はISO3200で撮っていますが、高感度ノイズ低減Offで撮ったせいか
この位のサイズだったらノイズ気になりませんね!

D610は、手持ちISO auto で十分いけるのでオイラにバッチリです。

PS.
もう馴れっこになったけれど、Nikonデジタル一眼数台使ってきたけれど500枚近
くまでシャッターを切るとミラー付近のゴミ何だかわからないけれどファインダー内
に必ずゴミが付着するんだよね。

センサーが汚れなければ別に大したことはないけれど気になるなぁ~。

Nikonのサービスセンターに問い合わせしてみるか?

 

Nikon D610を購入

今までお世話になっていたD700の下取り査定したところ、まあまあの価格が出たので
売却してD600がD610にモデルチェンジしたので購入しようと考えていたのだけれども、
Dfが発売されるとの情報があったので発表まで待つことにした。
Dfの発表を見ると昔のフィルムカメラの様な外観をしてカッコいいのだけれど、しかし、
価格も高いしD4センサー使用とD610の合体みたいな感じがしたので、実用的で価格
も手ごろで諭吉さんを数枚プラスするだけで買えるので、売却しD610を購入した。
新型のD610D700より小さく軽くてイイネ!
Dfダイヤルが沢山付いてカッコいいけど?

 
早速、試撮りに行かなくては!

紅葉を求めて

昨日、台風が過ぎ去って天気が良さそうなので仕事を休んで友人と今年も渋峠
から志賀高原・カヤの平へ、紅葉撮影に遠征してきた。

夜は星空の撮影を試みようと意気込んでいったけれど、薄っすらと雲が出ていて
願いかなわず。
夜明けも、雲が出て国道最高地点「標高2,172m」からの日の出は見られず(:_;)
また、前日降った雪が樹木に積もっていたので、それを撮り収めるくらいで何だか
なぁ~。

続いて志賀高原側に降りて行くのだが橙・赤・黄・緑とりどりの錦の風景が現れる
のかと期待して行くと枝ばかりが・・・・・。
また、WEBで  澗満滝・・・ 見ごろ の情報を見て行ってみたらまだ紅葉してい
ないし、滝の登り口には炭焼き小屋があり朝早くから炭焼きを始めていて滝の前
を煙がもくもくと覆っていてここも駄目。
続いて奥志賀の雑魚川沿いの紅葉をと行くが・・・・・・・・・。

顛末を書くのが辛くなってきたので、カヤの平の紅葉を。
カヤの平空は澄んで気持ちよかった。
カヤ平付近紅葉唯一の紅葉だ。

曼珠沙華

昨日、旭連の練習が午前中で終わったので、夕日を絡めた被写体を探しに
3時過ぎから、ふらふらと行ってきました。

場所は、写真を見れば分かる人は分かると思います。

久しぶりだとカメラの設定でボタン操作を忘れてしまっていて、思い出すのに
ひと苦労してしまった。
曼珠沙華400mmの出番でした。
日没さて、何處でしょう。

久しぶりだと、どういう設定でとかだいぶ感が鈍ってましたね。
紅葉撮りまでに感を戻さないと!

江戸へ Ⅲ

浅草散歩シリーズ3回目の投稿です。

信州方面へ風景撮影に行きたいが燃料高騰等諸々の事情で行けないので、
ひとり浅草散歩に早朝行ってきた。

浅草寺近辺の地図がやっと分かりはじめたので昨日は結構歩いたが、朝は
観光客がほとんどいないのでスムーズに歩ける。
居酒屋通りは9時開店のところが結構あり客が朝から飲んでいる。
前にも書いたけど浅草って面白い街だ。
居酒屋運転手がいたなら飲みたいなぁ~。
伝法院通り散歩スナップで撮るって難しい。
唐ゼミ見たかったけど昨日までだった。
鼠小僧鼠小僧が屋根ずたいに・・・・・。
今日は以上で。

 

オニユリ開花

我が家の庭にオニユリが咲き始めた。

明るいレンズが2本あるので、D700に付け絞りf2.8で比較してみました。
一寸見で、ボケの違いが分かりますね。
tan50-1.4D単焦点50mm
24-7024-70で焦点距離50mm
Ai AF Nikkor 50mm f/1.4DとAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの
比較自体が素人のオイラが言うのは恐れ多いがぞれの使い方がある
と思う。

Nikkor 50mm f/1.4Dは安価で軽くてかさばらず散歩によろしい。
NIKKOR 24-70mm f/2.8Gは高価で重いけど写りが良い。 かな・・・・。

 

蓮の花

早いもので7月に突入してしまった

天気予報では、明日から猛暑日の暑さになると予報している。
外に出るのが嫌になるなぁ~。

近所の蓮池で、蓮が咲いてきた。
強風が時折吹くのでなかなか上手く撮れませんでした。
300mmでは全然足りないなぁ~、400mmが欲しくなってきた。

レンズのせいにしてはいけませんね、腕を磨かなきゃだめだ。
蓮の花手持ちなので、VR効果出てます。

 

江戸へ Ⅱ

浅草散歩の続きです。

路地伝いを行くと、そこはアル中にはもってこいの場所が飛び込んでくる。
17時ちょっと前であったと思うが、あちこちの居酒屋でいろいろな人が飲んでいる。
喉から手が出るほど飲みたくなったのだが、オイラ運転手だったので我慢の人にな
らざるを得なかったのです。

ここに来ないと見られないような粋な人が、沢山見られるってのが面白くイイネ。

赤かぶオアシスの下で焼き鳥で一杯かな

居酒屋居酒屋素通り飲む人、通り過ぎる人
演芸ホール芸人懐かしい芸能人の名前も。

路地裏散策で、センスがないため写真は上手く撮れなかった。
再び、夜の浅草寺へ。
仲見世仲見世 夜夜になるとこんなに閑散
スカイツリーと宝蔵門ライトアップの宝蔵門

水傘こんな写真も
最後に、やっぱり再チャレンジだ。

江戸へ Ⅰ

昨日、午後3時くらいから雨が上がるとの天気予報を見て、江戸にカメラ持って
友人二人とお上りしてたきた。

行ったところは写真を見ればすぐわかるところです。
スカイツリーこんなに近くで見たのは初めてだ。
いろいろな外国籍の人がたくさん来ている。
観光立国日本っていう感じで、もっともっと多くの外国人に来訪してもらうといい。
雷門さて、この中の何割が外国から来た観光客だろうか?

モノクロモノクロでイケますね。
下の写真の人には気持ちよく承諾を得て撮影したのだけれど、話すと過去に何回も
撮られているようだった。
誰が見ても目立ちますね。
キャノンのカメラぶら下げ黒ずくめで、ここでは多分有名人だと推察する。

モデルカメラマン髪の毛・モミアゲをキメテる、じぇじぇ。

画伯i何を狙ってますかね、先輩!

浅草寺から浅草6区の方へ路地伝いに行くともっともっと浅草は面白いねぇ~。
再チャレンジしてみたいと思いながら、夜のライトアップまで滞在し家路につく。

後日、第2弾の浅草観光放浪記にご期待ください。

花菖蒲

6月に入ったので、毎年行っているところへ花菖蒲を見に行ってきた。

まだ、2分咲き程度で今度の土日あたりが見頃で良いのではないかと思うが、
オイラだけでなくけっこう見に来ている人がいました。
この場所は、長嶋茂雄氏の生家に近い所です。
DS8_2045風が強く6月にしては肌寒かった。
DS8_2140甲羅干しのカメが沢山いる。