旭連

郷土芸能発表会の練習

最近、ブログ更新が滞り気味ですが、久々に永田獅子旭連の活動投稿です。

今日は、来週25日(日)の郷土芸能発表会に向けて、大網白里市保健文化センターで練習です。
練習に気合が入ってます。

25日、午後12時50分から大網白里市保健文化センター3Fで開催されます。
興味がある方はお友達を誘って見に来てください。
ご観覧いただいた方には、終了時に「どら焼き」の配布がありますのでお楽しみに!

松本太鼓店へ 再び

佐原の松本太鼓店へ27日に、3月12日投稿で書きましたが、訪問時の問題点を旭連中で検討した結果、お願いしていた太鼓の修理と小鼓の見極めをしてもらおうと小世話人二人・太鼓担当、と4人で3度目の訪問をしてきました。

太鼓についての「いろは」を教えていただいたのですが、松本さんは太鼓の製作で忙しい中、10時半から15時半まで昼飯抜きで熱心に語っていただきました。<m(__)m>
「いろは」については、この場で公開できませんので悪しからず。

その流れで、記録写真を撮るタイミングもなかったので前回の未公開photoをどうぞ。

松本太鼓店へ

タイトル通り、香取市の「松本太鼓店の工房」へお邪魔してきました。

3月9日投稿で小鼓のことを書きましたが、その時に永田獅子旭連の締付太鼓のネジ山がつぶれていることを話したら、持ってきていただければ見てみますよとのことで、締付太鼓と小鼓の具合の悪い物を持って訪問してきました。

締付太鼓は見て直ぐ松本太鼓謹製だと分かり、ボルトのネジ山がほとんどダメだけど、全ボルト交換は旭連の皆さんに相談しないといけないので、とりあえず3本の交換で急場はしのげるとのことでボルトを3本購入してきた。

また、小鼓も2台見てもらったところ、十六が切れていて両方駄目だが、白革の分は直ぐ縫えるからと修理してくれた。
早速、十六を縫ってくれた。

鼓の革張を見せてもらった。
訪問してみて、すべて自分の所で作るんですよと言っているのが良く分かりましたし、直ぐ修理出来るものは目の前で直してくれる凄腕の太鼓職人さんでした。

太鼓の購入・修理するなら本当にお薦めできる松本太鼓さんです。

小鼓

タイトルの通り待ちに待ったmy小鼓が、注文してから3年越しで出上がり太鼓屋さんが納品に来た。

納期がこんなにかかったのは、馬の革を鞣しては鞣してはで思った仕上がりが出来ず、やっと小鼓ができる馬の革が入手でき今日に至ったとのことで、大変お待たせしましたとのことであった。

小鼓は、湿度60%位になると素晴らしい音が出るのだが、我家の湿度計を見ると40%位で音が出にくい環境だったが、打ってみると湿度が低くても新品の音だが良くでました。

太鼓屋さん曰く、小鼓は難しい楽器で打ち方が悪く音を出せない人は、どんな名器を打っても出ないとのことでした。

全国で小鼓を作る太鼓職人も現在は数名になっていて、そのうちのひとりに数えられるそうです。

また、大手太鼓屋さんの商品よりも、お値打ち品だと思いますので、小鼓、太鼓がほしくなったら香取市の「松本太鼓店」へ、ぜひどうぞ!!!

革が馴染んでくると名器に!

永田獅子旭連の近況

タイトル通りですが、更新する時間がなかなか取れなく本日の投稿です。

永田獅子旭連の連中も高齢化しており次の時代へとの思いから1月28日(土)に、地元の小学生に郷土芸能「旭連の獅子舞」に興味を持ってもらおうと、瑞穂小学校の校長・諸先生方にご協力いただき授業の一環として小学生に見てもらいました。
今年度の4月以降に、郷土芸能をやってみたいと言う生徒が出てくれば、先ずはお囃子からの部活を立ち上げ月一回の練習をとのお計らいをいただきました。
世話人からの説明を受け瑞穂小学校へ
皆さん、興味を持ってくれたような。

永田獅子旭連 29年活動開始

昨日の地区「矢口神社春季大祭」から、永田獅子旭連が平成29年の活動を開始しました。

今年も例年通り「矢口神社」で奉納の舞を、そして光昌寺において地区住民の皆様に悪魔払い「剣の舞」をし、地区の皆さんと新年会でした。

今年は、囃子方で参加し写真は携帯端末で撮った神社のものしかありませんがご容赦ください。


永田獅子旭連 2016秋季祭典 終了

今日は秋季祭典、矢口神社にて「永田獅子旭連」は御神前で奉納の舞をし、地元公民館で皆さんに悪魔払いの舞をし、今年は秋の活動が終了しました。
DSC_0537矢口神社に向かって出囃子。
DSC_0548DSC_0550
DSC_0570奉納の舞。
PS.
公民館で皆さんと一献交え帰宅後、競馬の秋華賞GⅠがあったので投票したところ、久しぶりに的中しました。
%e7%a7%8b%e8%8f%af%e8%b3%9e35.5倍馬券になりました。

「永田獅子旭連」2016の秋

24日の土曜日に、「永田獅子旭連」秋の練習に出席したのだが、世話人・小世話人がこれからの予定の説明をし、次に旭連中の平均年齢が58歳だとのことで後継者を増やしていかなければとなり意見交換会で終了。

秋季祭典(10月16日)に向かっての練習は、10月1日の土曜からとなった。

下の写真は、昔懐かし40数年前のもので、こういう時代もあった「永田獅子旭連」。
%e8%88%9e%e5%8f%b01昔の写真2%e8%88%9e%e5%8f%b03

睦沢町伝統芸能発表会へ

昨日、初めて大網白里市のマリンちゃんバスに乗り、睦沢町の伝統芸能発表会に永田獅子旭連の小鼓担当として参加して来ました。

睦沢町の「ゆうあい館」で開催されたのですが、大網白里市より発表会場が素晴らしかったです。

昨日の獅子舞は、先月の大網白里の発表会より舞い方とお囃子の出来が良く、睦沢町の方に楽しんで頂けたようで、また、道化が出てくる場面では道化が人気者になり小学生に囲まれて大盛況でした。

郷土芸能発表会を終えて

昨日、第14回「大網白里市郷土芸能発表会」があり、「永田獅子旭連」お囃子の小鼓担当で参加した。

また、囃子方で出演の為今回は舞の写真がありませんが、芸能発表会は来客数が多く椅子を追加するほど盛況でした。

ハッピ
PS.
県内各地の郷土芸能・お祭り情報を発信されているプロカメラマンの「中島」氏とFacebookでお友達になり、お祭り写真の撮影地で参考にさせて頂いていたのですが、今回の芸能発表会を見に伺いますとのことで中島氏本人とお会いでき、初めて会話させていただき感謝感激でした!
また、お世辞にも「永田獅子旭連」舞の所作の美しさは 県内でもトップとFacebookで発信していただき、反省会で皆に見せると褒められすぎじゃないのと連中は嬉しそうだった。 続きを読む