房総の郷土芸能

昨日、房総の郷土芸能が佐原文化会館で開催され、大網白里市郷土芸能保存会の事業での視察研修に、旭連も世話人・小世話人の4名が代表で参加してきた。
開会セレモニーの主催者あいさつで、各保存会も後継者不足の事情があるとのことを言っていた。
また、香取市長挨拶で7月にオリンピックの聖火リレーが佐原を通るので、小野川を船でリレーし前後を香取市の国指定文化財「佐原囃子」と県指定文化財「おらんだ楽隊」で盛り上げていく予定だと言っていた。
前日の千葉日報に1ページを使い掲載されていた。
流石の佐原囃子と手踊り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント