第16回郷土芸能発表会

昨日、大網白里市保健文化センターに於いて、第16回大網白里市「郷土芸能発表会」が開催され、永田獅子旭連も「引き出し」の演目を発表してきました。
オイラは、囃子方で出演したので旭連の写真は撮れませんでしたので悪しからず。

また、6月6日投稿の合成革の小鼓でお囃子に参加しましたが、旭連でビデオ撮りした音を聞いた連中に、バッチリ音が出ていたと言われホッとしました。
合成革の小鼓は、ステージでも屋外でも湿度を気にせず音を出すことが出来るオールラウンダーです。
本革を使うには、非常に湿度にデリケートで気難しい楽器で困ります。
湿度が丁度良い時は、素晴らしい音が出るので聞いてもらいたいのですがね!
会場入り口、のぼり旗で皆さんをお出迎え。
旭連の代表が保存会の役員として開会宣言を。
今年は、ケーブルTV等カメラが2台入りました。
最後に、皆で「大網白里音頭」を踊りお開きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です