永田獅子旭連、秋季活動始まる

昨夜から、永田獅子旭連が10月18日の秋季大祭・11月1日(日)の市郷土芸能保存会発表会に向けての練習が始まりました。
また、来週の10/4日は市の保健文化センターを借りて、11/1(日)芸能保存会発表会の演目「お染獅子」と、もう一人新人の獅子頭を務めるメンバーの稽古を重点に午後1時~4時まで集中練習です。

練習前の様子虫干し以来の顔合わせです。

Ps.
去年の11月の投稿で太鼓屋さんに行ったと書きましたがその時に「my小鼓」を注文してきてあったのですが、店主から完成まで時間を下さいとのことで待っていたのですが、そろそろ1年近くたってしまいどうなっているのか連絡をしてみると、胴は出来ているが革の方がもう少し時間がかかるので、貸出用の革を付けて持って行きますので使っていてくださいとのことで、昨日の練習前に届けに来てくれました。
小鼓手前が貸出用の革の付いたmy小鼓。
太鼓屋さんに小鼓の扱い方を教えていただき、早速、練習に持って行き打ち比べてみると音が旭連の小鼓と全然違う・・・・・!!
また、旭連の長老の方にも打ってみてもらったところプロの使っている小鼓音が出ました。
my小鼓の革が出来上がるのが待ち遠しなぁ~。と言うことで本日の投稿でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント